総量規制と年収証明の関係がある理由

キャッシングの情報を集めていると、必ずと言ってもいいほど目にする総量規制。じつはこの総量規制と年収証明の間には密接な関係があります。キャッシングの審査で提出が求められることが多い源泉徴収票などの年収証明は、この総量規制があるからこそ必要になるのです。
そもそも総量規制は貸金業法によって定められているものです。これは多重債務が社会問題化したときに設けられた規制で、これにより年収の3分の1以上の借り入れはできないことになりました。この規制を実行するためには、まず金融機関側が申込者の年収を把握しておく必要があります。その情報に照らし合わせて、融資をした場合に年収の3分の1を超えないかどうかを確かめなければいけないからです。これがキャッシングの審査で年収に関する書類の提出を求められる理由です。
もっとも最近は顧客の利便性向上も考えて、ある一定の金額までなら年収証明に関する書類を提出しなくても審査ができるようにはなりました。申込者の立場からすると、源泉徴収票などを用意する手間を省くことができるので、非常に便利になっています。ただし、だからといって総量規制の網を潜り抜けられるわけではありません。申込者の情報は信用情報機関を通じて各金融機関が共有していますので、借入総額や他社の利用件数などもすべて筒抜けです。申し込みの際に虚偽の情報を入力してもすぐに見破られますので、申告は正確かつ正直に行うことが大切です。